この世界の片隅に - ニャンコさんさんのブログ
FC2ブログ

この世界の片隅に

1944年(昭和19年)2月、18歳のすずは広島から軍港のある呉の北條家に嫁ぐ。戦時下、物資が徐々に不足する不自由さの中、すずは持ち前の性格で明るく日常を乗り切っていたが、翌年の空襲によって大切なものを失う。広島への原子爆弾投下、終戦。それでもすずは自分の居場所を呉と決め、生きていく。うぃきより



では感想を。

日本の描く戦争映画はどうしても敗戦が色濃く、被害者の視線が多くなる。
悪いことではないが軍人も悪く描かれていることが多いため切ないものだ。
この作品の良いところは柔らかなタッチの絵柄から、見ているものに嫌なものを感じさせない。
そして少女から女性への成長と、環境の変化がゆったりとした時間で描かれている。

戦況が悪化してゆき、やがて敗戦が色濃くなる。
食料配給がすくなくなり闇市では色んなものが溢れて金がものを言う様子は
どの世界でも同じだろうね。

とりあえず小さな子供でも見られる映画の一つだろう。
はだしのゲンなどもあるが、結構ショッキングだから(笑
もちろんこの作品にもショッキングなシーンはあるが、映像の効果がうまく使われていて
あ、パニックを起こしているとわかりやすい。
現代の日本人はミサイル爆撃など受けたことはないけれど、事故だったり体験すると
時間が止まるような体験はするだろう。

面白いというか興味深いかな。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nyannko33

Author:nyannko33
好きなもの、気になるものを好き勝手に書いています。リンクはフリーです。
こちらからリンクすることはありません。
相互リンクのお願いはお断りします。

記事の著作は管理人にありますので、何かあるときは連絡してください。
コメント欄を開放、コメント返しはきまぐれだよ。
酷いコメントは削除することがあるぜ(笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
足跡
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2レンタルサーバーLite FC2動画