ニャンコさんさんのブログ

名前のブランド


浅田真央スポンサー問題ってか(笑
なんだか色々言われてるようで、真央も気の毒なあ(笑

スポンサーがつく、広告塔になるってのはかなり大変で
品行方正であるなどの沢山の条件が必須になってくる。
イメージが悪いとなれば問題で、アクセサリーなんかのブランドと
契約してりゃあ、他のブランドのものなんてつけられしない。
車のメーカーでトラブル起こしてたタレントもいたっけな。
真央は洋服のブランドはスポンサーにいないだろうから
色んな素敵な服を着てたりする。ただ自身のブランドのものも着てたりするな。

それはいいけど試合では結果出せなかったじゃないってな?
まあ、そうだな。真央比ではよくなかったな。
それでもスポンサーがついているというのは、結果は重要ではあるが
それ以上に彼女のイメージは損なわれないということだろうぜ。
ま、彼女自身に惚れ込んでスポンサーやってる人もいるだろうけど(笑

だからメディアは必死で彼女のイメージを落とそうとしてたのかもな。
インタビューでは間違うことはないし、結果良くなってしまう。
家族の問題を取り上げる週刊誌もあったが、彼女自身とは関係がない。
これで一番近いのは横峰サクラの件がある。近親者の醜態で彼女までとばっちりを
食らったが、彼女自身は関係のないことだ。
一般の我々が同じことになれば、自分は関係ないとなるんでなかろうか。
もちろん問題の大きさにもよるだろうがね。

それにしても週刊誌というものは嘘も本当のように書いてしまうところがある。
都合の良いものだけを信じるのは大変結構なことだ(笑
アルメニアリンクの件はコーチなどの話も上がって、事実なんだろうということだが。

今回引退の報道がでて、スポンサーが続行を決めた。
私にはスポンサーが真央を守るという気持ちが大きく感じられたよ。
普通は離れてしまうものだけど、彼女には支える価値があるということか。

現役選手たちがきっちりやってりゃあスポンサーもつくだろうぜ。
応援したい、支えたいと思う魅力があればの話だけどさ。
真央みたいに沢山のスポンサーがつくのは珍しいことだけど、彼女くらいの
魅力のある人はみんな関わりたいもんだろうぜ。

よく遊んで暮らせるだけ収入あるから、なんて苦言のように言う人もいるけど
絶対に 間違ってはいけない人生を 必ず歩まなくてはいけなくて
それの報酬だろ。芸能人なんかも同じでな。

真央はこれからの人生穏やかに過ごすのは難しいかも知れん。
とても有名だし、わけのわからん人間も寄ってくるだろうぜ。
彼女の足を取ろうとパパラッチが張っていて、
見えてない部分で色々付回されてんだろうなと思うと吐くな(笑

スポンサーサイト

花道は


安西先生、バスケがしたいです・・・
が出てくる花道じゃあねえ(笑
まあ、安西先生みたいなコーチや関係者はチラホラ見えるけど。

それにしてもエキシビジョン最後のジャンプ大会みたいなのは
やるならやるでいいけどもさ。
引退する選手の花道をもう少し上手につくってやれんかったのか。
普段からそういう感じなら仕方ないんだろうけど。

今後こんな感じで引退選手は皆見送られるのか?
耐え難いなあ(笑
これなら花道なく去るほうが健全に感じられる不思議。

選手が悪いとは言わないし、やりたいのならやればいいさ。
観客を楽しませるために手段なんだろうし。
まあ、怪我したら元も子もないけども。いつだったか誰か怪我してたよなあ・・・。
引退する選手だってほんの少しでもありがたいなあと去っていくだろうさ。
やられたときにわかるんかねえ。
でも一部の選手しか最後残ってなかったのはそういうことなんだろうなあ。

ビックスマイル


村上がリンクを去るようだ。
美しい演技で、最後素敵な微笑みを見せてくれた。
彼女も愛された選手。エキシビジョンでは選手がそれぞれ
彼女に駆け寄っていた。

最後の全日本、彼女の演技は心を震わせるものだった。
素敵な女性になって、また一人リンクを去っていく。
カナコの人生がこれから素晴らしいものになりますように。
これからも愛される人でありますように。

かな
彼女の笑顔が一番いい写真。お借りします。

芸術の裏


国別がやってたそうだ。
ネイサンのLPを見た。どうにもこうにも点数が低いようで
キスクラが切ない。
真央、アシュリーと見てきたラファエルが首を横に振っていた。
アシュリーはどう思ったろうか。
いわゆる花試合と呼ばれるものでも点数が下げられる不思議。
そして上げられる不思議。

いつも思うが、メドベージェワは演技を完璧にやってのけるらしい。
一度見れば十分なので全ては見てないから結果はしらない(笑
基礎点は決まっていて、そこに加点がつく。毎回満点もらっていたとしたら
点数を更新するなんてありえないんだけどな。
技が増えたりしなければね(笑

まあ、ジャッジの目には彼女は完璧に見えるし素晴らしいんだろうな(笑
男子は言わずもがな。
そういえば羽生のSPも見てみたが今回はジャンプが駄目だったようで
全体的にグダっとした印象に。ジャンプが駄目になった選手は大体
ものすごい下位まで落とされる印象があったが(笑


そうそう、ルールが変わるって話で芸術と技術とってなやつな。
あれは技術がなければ芸術的には動けないと思うんだけどなあ。
表現もそうだけど、スケートが自由にならなければ難しい。
今はジャンプが得点の主となっているが、怪我なんかでジャンプが難しく
なっている選手は沢山いる。
この話を考えるときに思い出すのはユナ・キムだ。
jazzなナンバーで彼女はジャンプなしの演技を見せようとしたが結果失敗した。
あのプログラムは振付師がやればとても素敵で粋なものになるだろう。
技量の問題だと思うがね(笑 彼女には彼女に似合うものがある。

トップ選手であっても、やっぱり持つ力の差は大きい。
ジャンプがものを言う今のルールではジャンプを飛ばなければ意味がない。
真央はジャンプが決まらずにルールとジャッジに沿った結果、点数は伸びなかった。
ただスケートファンはあの技術と芸術に目を奪われる。
真央はいつもこの競技を先取りしてるような感覚は私はしている。
ま、結果だけを求めているのなら、ジャンプ飛んでなんぼとなるわけだが。

パトリックは高難度ジャンプに警鐘を鳴らしているようだ。
選手が大きな怪我をするまでとめないだろうな。とね(笑
今のルールはジャンプを飛んでなんぼ。まだ若い選手たちは四回転を飛んで
ついでに上がってゆくPCSとやらと共に上位者となる。

四回転を何本飛んだっていいじゃない、スポーツなんだからと言う人もいる。
そうスポーツ。けれど、トップ選手で四回転を飛び続けて、体はどうなったんだろうか?
運営には報告が上がっていないんだろうか?
人間の体は再生する力もあるというが、元にはもどらないだろう。
四回転を飛ぶことでどれくらいの負荷が体にかかるのかデータは取ってないんだろうか?
将来どこか悪くしても、選手でやりきれたらいいじゃないと考える人もいる。
まあ、選手は他人だしね。けれどこの競技の怖いところは選手は人生の一部で
あとの人生のほうが長いことだ。



あ、雑誌を買ってきた。噂の雑誌。
ダイアモンドの涙から始まって、麗しい舞妓さんが終わりを飾る。
中を読んでいて、ほとんどの人が感じるんじゃないかな。
彼女はただスケートが好きだったんだって。

TVのインタビューで答えていた、愛の夢だから愛を捧げられたらいいな という言葉は
あの日リンクを優しい色に染めていた光景を思い出す。
この選手を好きになって、応援できてよかったと心底思う。
いつも無償の愛を届けてくれていた。感謝で溢れてくる。



剣山登りつくして


ジャッジを褒めて、一生暮らしていけるだけ貰えるならやるか(笑
いつも思うんだよな。妄信できたならどれだけいいかなあ(笑
いや、それはどうでもいいけども。

フィギュアスケートってルールがころころ変わって、いつも選手が大変。
しかも選手によって基準が違うし、ジャッジの審美眼に頼ってるみたいだしな。
不思議なことに機械は入れない、本物の審美眼を持つ芸術家もいない。
点数はなぜか滑る順番が早いと抑えられる人と出る人がいる(笑
不思議、不思議だなあ(笑

だめだ、ちょっと書いてて笑ってしまった。
こんなのに振り回されてる選手たち、それでも評価を得るためには
この針山を必死で登らねばならん。
そこで色んな面でクリアできた選手だけが点数を得ることができる。
それが今の羽生とメドベージェワ。他にもポロポロ出てて、宮原も一人かね。
あげられたり下げられたり大変で、精神面めちゃくちゃになりそうだ。
アシュリーなんてよく耐えてる。彼女も真央と同じレジェンドなんだろうぜ(笑

そういや羽生やメドベージェワはよく点数で書かれてる。
そらそうだよなあ、あげられてるのは確かだし。それでも技術面でやれることはやってるじゃないか?と
言えばそれは当たり前でな。技術面がなくて上げられてたら恥ずかしいこったで(笑
今はジャンプがと飛べりゃあ点数がでる。ま、ジャンプが飛べても上げられない選手は
下位にいるけども。

ルール、採点について考察してる人たちは自由にすればいいんだぜ。
別に金貰ってるわけじゃなく、趣味みたいなもんだしな。
変だと思うのならやればいい。真央もやられてたしなあ(笑
ファン目線からすりゃあ、酷いこと書かないでなんて思うらしく突撃してるのがよく見えるが
嫌なら見るのを辞めればいいだけでなあ。
苦行の修行を課されているのかなあ(笑

ま、選手のプライベートなんぞ書く人はまた違うだろうけど。
フィギュアスケートに関連して書かれてるのは目に余るからだろうなあ。
メドベージェワの手を上げるタノがうっとおしいとか、羽生の表彰台飛び乗りとかが
イラっとするとか。本人が好きでやってるならいいけど、周りがどう見るかは別で
少し距離を置く人もでてくるかも知れんね。
傲慢な態度は必ずスケートにもでてくる。それは普通の日常を送る人も同じで
イライラしてたら手元が狂うし、言葉にもでる。

表彰台飛び乗りは辞めたほうがいいかも知れんね。態度がどうとかではなくて
造りが甘かった場合に怪我をするのはその選手だからな。
ある程度の強度はあるだろうけど、すごい勢いで登られることを想定してはないだろうし。
輝かしい表彰式が憐れな何かになってしまっては・・・(笑
平昌とか本当になったら怖いなあ。

追記)タイトルが消えてました。元のタイトル覚えてねえ(笑
プロフィール

nyannko33

Author:nyannko33
好きなもの、気になるものを好き勝手に書いています。リンクはフリーです。
こちらからリンクすることはありません。
記事の著作は管理人にありますので、何かあるときは連絡してください。

コメント欄を開放、コメント返しはきまぐれだよ。
あ、すぐには反映されませんよ(笑
酷いコメントは削除することがあるぜ(笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
足跡
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2レンタルサーバーLite FC2動画